WGP第15(最終)戦ポルトガルGP ロードレース世界選手権 決勝 22日 アルガルベサーキット ペン&カメラ=遠藤智
チャンピオン獲得をかけ、中盤まで激しく順位を争った小椋(3番手の79号車)とアレナス(2番手の75号車)
チャンピオン獲得をかけ、中盤まで激しく順位を争った小椋(3番手の79号車)とアレナス(2番手の75号車)
 ランキング2位でモト3クラス決勝に臨んだホンダチームアジアの小椋藍(19)は健闘むなしく8位に終わり、逆転タイトルはならなかった。アスパーのアルベルト・アレナス(23、KTM)=スペイン=が何とか12位に入って初のチャンピオンを獲得した。モト2でアジョの長島哲太(28、カレックス)は10番手スタ.....
【ログインして続きを読む】