ロードレース世界選手権(WGP)モトGPクラスに参戦するレプソルホンダは3日、右上腕骨を折って療養中のマルク・マルケスが同日、スペイン・マドリードの病院で再手術を受けたと発表した。体外衝撃波治療では改善が思わしくなく、埋め込んだプレートを交換した。手術は3度目で、8時間に及び、無事終了したもよう。マルケスは7月の第2戦スペインGPで転倒・骨折後、リハビリに専念。復帰時期についてチームは触れていない。