中上は我慢の展開で17位
第2戦ドーハGP決勝
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第2戦ドーハGPは4日、カタールのロサイルで各クラスの決勝が行われ、最高峰のモトGPクラスはファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が逆転で今季初優勝を飾った。日本の中上貴晶(ホンダ)は17位だった。

 22周のレースは、ポール・ポジションのホルヘ・マルティ.....
【ログインして続きを読む】