鈴木が5位、鳥羽13位
第9戦オランダGP決勝
安定感のある速さで接戦を制したデニス・フォッジア(右・ホンダ)(AP=共同)
安定感のある速さで接戦を制したデニス・フォッジア(右・ホンダ)(AP=共同)
 オートバイのロードレース世界選手権(WGP)第9戦オランダGPは27日、TT・サーキット・アッセンで各クラスの決勝が行われ、モト3クラスはデニス・フォッジア(ホンダ)が今季2回目の優勝を飾った。日本勢は鈴木竜生(ホンダ)が5位に入った。

 22周のレースは、2番グリッドのロマーノ・フェナティ(.....
【ログインして続きを読む】