モト3の佐々木歩夢が予選13番手から決勝に挑む。「セッションをこなすごとに、バイクの状態は良くなっている。トップ10に入る走りはできる」とキッパリ。前戦アラゴンでは16番グリッドから3位に躍進し、1年ぶり、自身2度目の表彰台を獲得しただけに、レース本番での追い上げに期待がかかる。