ホンダレーシング(HRC)からのスポット参戦で初めてモトGPを走った長島哲太は「1年ぶりのスプリントレースで、小さいころからあこがれていた舞台。気合が空回りして、何もできないまま時間を無駄にしてしまった」と22番手に反省しきり。舞い上がってしまい、自分の走りができなかったという。最後にようやく落.....
【ログインして続きを読む】