鈴木竜生と21年ぶり日本人ワンツーも決めた!!
モト3編・シーズン回顧
オーストリアGPで、ペナルティーにより一時24番手まで落ちながらトップチェッカーを受けた歩夢(左)。右隣が2位の竜生(遠藤智撮影)
オーストリアGPで、ペナルティーにより一時24番手まで落ちながらトップチェッカーを受けた歩夢(左)。右隣が2位の竜生(遠藤智撮影)
 2022年のロードレース世界選手権(WGP)モト3クラスは、マックスでハスクバーナに乗る佐々木歩夢(22)が初優勝を含む2勝を挙げ、一時はタイトル争いに加わってランキング4位を獲得した。ホンダのトップチーム、レパードに移籍した鈴木竜生(25)も3回の表彰台を獲得して同7位。第13戦オーストリアG.....
【ログインして続きを読む】