シーズン回顧(モト2編)
日本GPで今季3勝目を挙げ、喜ぶ小椋(左)とチームの青山博一監督。2位だったフェルナンデスが後ろからおちゃめな笑顔(遠藤智撮影)<br />
日本GPで今季3勝目を挙げ、喜ぶ小椋(左)とチームの青山博一監督。2位だったフェルナンデスが後ろからおちゃめな笑顔(遠藤智撮影)
 今季ロードレース世界選手権(WGP)モト2クラスは、ホンダチームアジアの小椋藍(21)が初優勝を含む3勝を挙げ、自己ベストのランク2位で終えた。一時はランク首位に立ち、3年ぶり開催の日本GPでは、日本人選手として16年ぶりの母国Vを飾るなど大活躍するも、ラスト2戦で痛恨の連続転倒。4勝したKTM.....
【ログインして続きを読む】