ランク18位と厳しいシーズンを送った中上
ランク18位と厳しいシーズンを送った中上
 LCRホンダの中上貴晶は、モトGP5年目を「デビューしてから最も苦しくて厳しいシーズンだった」と振り返った。初年度(2018年)のランク20位をかろうじて上回る、キャリアで2番目に悪い同18位。車両の戦闘力不足に加え、第6戦スペインGPで左膝、第15戦アラゴンGPで右手指を負傷するケガにも泣いた.....
【ログインして続きを読む】