モトGP公式テスト 第2(最終)日
エンジニアと険しい表情で話し合う中上
エンジニアと険しい表情で話し合う中上
 【12日 ポルトガル・アルガルベサーキット ペン&カメラ=遠藤智】LCRホンダの中上貴晶は23番手だった初日に続き、20番手に沈んだ。それでもスプリントのシミュレーションでは1分39秒台で連続走行し、「このタイムは悪くないと思うし、何とか最悪の状況を抜け出した。順位ほど内容は悪くなかった」と前向きだ。ホンダ勢としても、なかなか浮上のきっかけがつかめない苦しい状況が続く。「そう簡単ではないが、一つ一つ課題をクリアしていきたい。マシンの開発も進んでいる」と必死にくらいついていく。
テストの内容は上向いた
テストの内容は上向いた