苦戦が続く中上
苦戦が続く中上
 モトGPでLCRホンダの中上貴晶は予選18番手に沈み、スプリントも17位。「初日からブレーキングの悪い状態が直らず、思うようにペースを上げられなかった」と淡々と振り返った。ホンダ勢はスプリントでも苦戦し、スタート直後は4位争いに加わったレプソルのマルク・マルケスの7位が最高。中上はマルクのデータを参考に、バイクを見直して決勝に臨むという。「長いレースになるが、全力を出し切りたい」と必死に前を向いた。