移籍して初テストに笑顔で臨んだ小椋<br />
移籍して初テストに笑顔で臨んだ小椋
 初の移籍となった小椋は、3セッションで計71周を走り込んだ。車両は今季までのカレックス製からボスコスクロ製に変更。来季の公式タイヤもピレリに変わった。「何もかも初めてなので、確実に周回をした。新チームの雰囲気も、まだよく分からない」と、さまざまな変化を確かめるような走りに集中した。開幕前の負傷に始まり、ランク9位に沈んだ今季の公式スケジュールは終了。「今年はダメなシーズン。来年ですね」と、心機一転で臨む来季へ思いをはせた。