人だかりの中、初めてドゥカティのマシンでピットを出るマルク
人だかりの中、初めてドゥカティのマシンでピットを出るマルク
 モトGPのテストが28日に始まり、ドゥカティのサテライトチーム、グレッシーニに移籍したマルク・マルケスが初走行に臨んだ。見慣れない黒ベースに朱赤のアクセントが入ったツナギでバイクにまたがり、威勢良くコースイン。走行の合間にピットに戻ると、楽しそうな笑みを浮かべた。2013年に最高峰クラスに進んだマルケスは、ここまでホンダ一徹。初めて他メーカーのバイクに乗り込んだが、21周を走った3時間経過時点では2番手タイムと、好発進を決めた。