国際モーターサイクリズム連盟(FIM)は31日、ロードレース世界選手権(WGP)第3戦(4月7日決勝)として予定されていたアルゼンチンGPを中止すると発表した。現地主催者が「現時点でグランプリ開催に必要なサービスを保証できない」と伝えたため。代替開催はなく、今季は全21戦となる。