最終日に1分57秒台に入れた中上(遠藤智)
最終日に1分57秒台に入れた中上(遠藤智)
 3日までのシェークダウンテストで得た手応えを、中上がタイムにつなげた。初日の1分59秒台から2日目に同58秒台、3日目に自己ベストの同57秒765と着実に短縮。今季型RC213Vを「全体的にすごく進化して乗りやすくなっている」と評価した。シェークダウンテストでも課題と感じていたリアのスピニングやフロントのウイリーなどは改善できなかったが、「一つ一つクリアしていきたい」と表情は明るかった。