ライダー仲間ら約250人が祝福
最高の家庭作り&世界一獲り宣言
ウエディング・ケーキに入刀する芳賀夫妻(カメラ=遠藤智)
ウエディング・ケーキに入刀する芳賀夫妻(カメラ=遠藤智)
 芳賀紀行(アプリリア)が1日、名古屋市内の名古屋マリオットアソシアで、中学時代の同級生・百合恵さん(旧姓・鈴木)と挙式した。2人は01年11月に入籍、02年1月には長男・瑛大(あきと)くんが誕生しているが、世界を舞台にしてきただけに多忙で、式はこの日までお預けとなっていたもの。03年シーズン、アプリリアのエースとしてロードレース世界選手権(WGP)MotoGPに参戦する芳賀だが、式はその性格そのままに、型破りで笑いあふれるシーンが続出。日本と世界で活躍するライダー、芳賀を世界に送り出してくれたヤマハ関係者、現所属のアプリリア関係者など約250人のそうそうたるメンバーが2人を祝福した。

 ともに名古屋出身の2人は中学の同級生で、お付き合いは今年で12年目。02年シーズンのスーパーバイク世界選手権(WSB)は、誕生した長男を含めた家族3人で各地を転戦、バイクが思うように仕上がらずタイトルこそ取れなかったものの、家族の力でランキング4位と健闘した。あいさつに立った夫妻は、力を合わせて最高の家庭を築いていくことを宣誓。さらに芳賀は、感謝の言葉とともに世界一獲りも高らかに宣言した。

 ▽芳賀紀行
 家族3人で一生懸命やっています。これからも円満にやっていきたいし、百合恵とは死ぬまで一緒。こんなにたくさんの人に集まってもらってうれしい。今度はチャンピオン獲得のパーティーにみんなを招待したい。

 ▽百合恵夫人
 育ててもらった両親に感謝しています。私たちも子供に感謝してもらえるような夫婦になりたい。