カピロッシも好走披露
ヘレス合同テスト2日目
一気に初日のタイムを2秒以上更新、上々の滑り出しとなった宇井
一気に初日のタイムを2秒以上更新、上々の滑り出しとなった宇井
 スペイン・ヘレスの合同テストは3日、アプリリアとドゥカティが引き続き参加して2日目を行った。125CCの宇井陽一(アプリリア)はこの日、50周を走り込んで1分49秒0をマーク。初日のタイムを一気に2秒1も短縮する好調な走りを披露した。

 一方、ドゥカティのMotoGPコンビは、L・カピロッシが46周して1分43秒1の好タイムを記録。T・ベイリスは60周をこなし、1分44秒2がベストだった。

 ▽宇井陽一
 今日はエンジン・トラブルもあって思うように周回を稼げなかった。それでも自己ベストの1秒落ちとなる1分49秒台でコンスタントに走れた。(シート)ポジションも合ってきたし、順調です。