プログラムはウエット・タイヤ中心
BSのポールリカール・テスト
 ブリヂストン(BS)は29、30の両日、フランスのポールリカール・サーキットでカワサキの中野真矢とA・ホフマン、スズキの青木宣篤、プラマック・ホンダの伊藤真一らが参加し、今シーズンのウイーク・ポイントとなっていたレイン・タイヤをメーンにテストを行った。2日間ともに気温が10度前後と厳しい条件となったため、カワサキ勢は2日目をキャンセルしたが、成果は上々。宣篤も「コンディションは悪かったが、かなりいいフィーリングのパターンがいくつかあった」と手応えを強調、年内最後のテストを締めくくった。