WRC第4戦 ポルトガルラリー 世界ラリー選手権 シェークダウン 20日 マトジニョス
シェークダウンで好タイムをマークし、4番手につけた勝田
シェークダウンで好タイムをマークし、4番手につけた勝田
 ポルト郊外でシェークダウンテストが行われ、トヨタのエルフィン・エバンス(32)=英国=が3分5秒9の最速タイムを記録した。2番手はヒュンダイのオット・タナク(33)=エストニア。トヨタは育成ドライバーの勝田貴元(28)も4番手につけ、全4台がトップ5に食い込んだ。

 今季初のグラベル(未舗装路.....
【ログインして続きを読む】