シェークダウンでぬかるんだ道を走るロバンペラ
シェークダウンでぬかるんだ道を走るロバンペラ
 世界ラリー選手権(WRC)第9戦アクロポリスラリーは9日、ギリシャ中部のラミア近郊でシェークダウンを行い、トヨタのカッレ・ロバンペラ(20)=フィンランド=が3分14秒3の最速タイムを記録した。2番手はヒュンダイのティエリー・ヌービル(33)=ベルギー。トヨタ勢ではエルフィン・エバンス(32)=.....
【ログインして続きを読む】