世界ラリー選手権(WRC)第10戦フィンランドラリーは1日、首都ヘルシンキの北約270キロのユバスキュラ近郊でシェークダウンを行い、ホームレースとなるトヨタ勢は、ランク首位に立つセバスチャン・オジエが3番手、カッレ・ロバンペラ、エルフィン・エバンスが5、6番手で続いた。ヒュンダイのオット・タナク.....
【ログインして続きを読む】